水質汚濁とは

水質汚濁とは何か? 水質汚濁とは、きれいな水に異物が混じって、本来の状態から変化...

水質汚濁とは何か?

水質汚濁とは、きれいな水に異物が混じって、本来の状態から変化することを言います。 水質汚濁を大きく分けると、次の4つに分けられます。

台所排水や洗濯排水などの生活雑排水は、水質汚濁を起こす原因の一つです。水質汚濁について良く知って、生活の仕方を見直すことは大切です。

有機汚濁

食べ物や動植物の死骸などの有機物によって水環境が汚れることです。このような有機物は、流れ込む量が少なければ、水中の微生物によって分解されてしまいます(自浄作用)が、分解される量よりも流れ込む量が多ければ、汚濁がどんどん進んで、分解し切れなかった有機物はヘドロとなって堆積していきます。有機物が分解されるときに酸素を消費するので、有機物の量が多いと水中の酸素がなくなって、無酸素状態になります。

有害物質による汚染

有害物質とは、水域の生物に微量でも悪影響を与える物質のことです。重金属、PCB、ダイオキシン類、農薬など、主に産業排水から流れ込むものもありますが、生活雑排水の中にも、水生生物に悪影響を与える界面活性剤や助剤が含まれています。

富栄養化

植物プランクトンの養分となる栄養塩類(窒素、リン、カリウム)が増えることです。窒素やリンが急速に増えると植物性プランクトンが急速に増えて生態系のバランスを崩してしまいます。その結果、動植物の死骸などの有機物が増え、有機汚濁を引き起こすことにもなります。

合成洗剤と富栄養化については、別項の解説を参照してください。→合成洗剤と富栄養化

無機懸濁物質による汚濁

土砂などの無機物によって水が濁ることです。土砂などの無機物は酸素消費も起こさず、生物に有害ではありませんが、水が濁るので見た目が汚くなります。合成洗剤の助剤に使われるゼオライトは、このような無機懸濁物質の一つといえます。

「水質汚濁とは」の関連情報

アルカリの環境への負荷

合成洗剤と富栄養化

石けん百貨取扱い商品

水質汚濁の原因になりにくい洗浄剤

【量り売り】石けん百貨 セスキ炭酸ソーダ画像

【量り売り】石けん百貨 セスキ炭酸ソーダ別ウィンドウで開きます

軽い汚れの洗濯・浸け置き洗濯・住まいの掃除・食器洗いなど、マルチに活躍するアルカリ剤です。水で溶いて「セスキスプレー」を作れば、台所のベタベタ汚れも楽に落とせます。

162円〜3,510円(税込)

【量り売り】石けん百貨 セスキワイド ライムミントの香り画像

【量り売り】石けん百貨 セスキワイド ライムミントの香り別ウィンドウで開きます

セスキ炭酸ソーダの洗浄力をアップして使用量は半分に! さらに、除菌効果の高いユーカリオイルと、ライムミント香料も配合。掃除・洗濯・消臭スプレーにとワイドにお使い下さい。

162円〜5,400円(税込)

石けん百貨 セスキプラス 天然ハーブ ラベンダーオレンジの香り画像

石けん百貨 セスキプラス 天然ハーブ ラベンダーオレンジの香り別ウィンドウで開きます

酵素の力をセスキ炭酸ソーダが支える、新発想の洗濯洗剤です。「天然ハーブ」シリーズは贅沢に精油だけで香り付け。ラベンダーとオレンジをベースに5種の精油をブレンドしています。

200円〜3,564円(税込)

【量り売り】石けん百貨 セスキプラス 無香料画像

【量り売り】石けん百貨 セスキプラス 無香料別ウィンドウで開きます

お洗濯が「酵素」で変わる! 酵素の働きをセスキ炭酸ソーダがしっかり支える、新発想の洗濯用洗剤です。20℃以上のぬるま湯を使い、浸け置きなしで洗えます。

205円〜10,800円(税込)

【量り売り】石けん百貨 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)画像

【量り売り】石けん百貨 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)別ウィンドウで開きます

食器やふきんの漂白、衣類の漂白や軽い洗濯、洗濯槽の掃除、排水口の掃除、カビや黒ずみの掃除などなどマルチに使えます。塩素系とは違い、ツンとする嫌なニオイがありません。

162円〜3,132円(税込)

【量り売り】石けん百貨 クエン酸画像

【量り売り】石けん百貨 クエン酸別ウィンドウで開きます

水周りや電気ポットの白いカリカリ汚れのお掃除にどうぞ。クエン酸スプレーを作ったり、ボロ布に染み込ませてパックしたりするのも効果的。石鹸洗濯の仕上げ剤にもどうぞ。

162円〜4,752円(税込)

アルカリ洗濯別ウィンドウで開きます

酸素系漂白剤別ウィンドウで開きます

クエン酸・お酢別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動