昔はアルカリ洗濯が基本

昔の日本でも洗濯には植物灰の灰汁(あく)が使われていました。江戸時代には、桶に水...

昔の日本でも洗濯には植物灰の灰汁(あく)が使われていました。江戸時代には、桶に水を満たして灰を入れ、底の栓口から灰汁がしたたるようになった「灰汁桶」が各戸に置かれていて、これを用いてたらいで手洗いしていたようです。現在でも、木造住宅の汚れ落としに「灰汁洗い」という名が残っています。これはアルカリ水溶液で木材の汚れを落とす方法で、今では専用の薬剤を使いますが昔は文字通り灰の上澄みを使っていました。

日本に石鹸が初めて入ってきたのは、織田・豊臣時代の天文12年 (1543)。ポルトガル船が種子島に漂着したときに、鉄砲や金平糖などとともに「シャボン」も持ち込まれたと言われています。しかしその製造法までは伝わらず、日本の一般庶民が石鹸を使えるようになったのはそれから300年後の明治時代から。それまで石鹸は主に下剤や腫れ物用軟膏などの薬として使われ、汚れ落としの主役はあくまで灰汁であったとのことです。

灰汁のほかには、サイカチなどの植物に含まれる天然の界面活性剤(サポニン)、尿を分解したアンモニア、米のとぎ汁、大根や芋の煮汁、泥なども洗浄剤として使われていたようです。

洗濯絵

日本には「洗濯絵」というものがあります。最古の洗濯絵は平安末期に作られたと伝えられる国宝「扇面古写経」。これには川の中で踏み洗いをする様子が描かれています。昔の洗濯法は「踏み洗い」が主流だったのですね。重文「信貴山縁起絵巻」や「石山寺縁起絵巻」、そして江戸時代のさまざまな浮世絵にも踏み洗いをする人々が描かれています。

洗濯をする女の白い脚に見とれて墜落した久米仙人

むかし、奈良に住む久米(くめ)という仙人が空を飛んでいたとき、下界の吉野川で洗濯する女が目に入りました。着物をまくり上げて洗濯をするその白い脚に見とれた仙人。1度は断ったはずの色欲を甦らせ、神通力を失って墜落してしまいます。奈良県の橿原市久米町にはその久米仙人が興したとされる久米寺が残っています。(吉田兼好『徒然草』第8段 色香の魔力より)

2014年7月改訂(2009年11月初出)

石けん百貨取扱い商品

アルカリを利用した洗剤

石けん百貨 セスキプラス 天然ハーブ ラベンダーミントの香り画像

石けん百貨 セスキプラス 天然ハーブ ラベンダーミントの香り別ウィンドウで開きます

酵素の力をセスキ炭酸ソーダが支える、新発想の洗濯洗剤です。「天然ハーブ」シリーズは贅沢に精油だけで香り付け。ラベンダーとペパーミントをベースに4種の精油をブレンドしています。

200円〜3,564円(税込)

石けん百貨 洗濯用粉石鹸 ローズの香り画像

石けん百貨 洗濯用粉石鹸 ローズの香り別ウィンドウで開きます

水温がやや低めでも溶けやすく、耐硬水性もよいのが特徴。汗や皮脂から食べこぼしまで、普段の洗濯にちょうど良い洗濯用粉石鹸です。ほんのりとしたローズの香り付き。

1,566円(税込)

【量り売り】石けん百貨 炭酸ソーダ(炭酸塩)画像

【量り売り】石けん百貨 炭酸ソーダ(炭酸塩)別ウィンドウで開きます

衣類の「アルカリ洗濯」にどうぞ。アルカリ性が強いので、使用量はセスキ炭酸ソーダの約半分でOKと経済的。お洗濯には数時間以上の浸け置きをして下さい。コンロ周りのお掃除にも。

108円〜1,927円(税込)

【量り売り】石けん百貨 セスキ炭酸ソーダ画像

【量り売り】石けん百貨 セスキ炭酸ソーダ別ウィンドウで開きます

軽い汚れの洗濯・浸け置き洗濯・住まいの掃除・食器洗いなど、マルチに活躍する定番のアルカリ剤です。水で溶いて「セスキスプレー」を作れば、台所のベタベタ汚れも楽に落とせます。

162円〜2,983円(税込)

石けん百貨 アルカリ洗浄剤画像

石けん百貨 アルカリ洗浄剤別ウィンドウで開きます

セスキ炭酸ソーダの進化版。炭酸ソーダを程よく配合して洗浄力をアップ! セスキの使いやすさそのままに、使用量は1/2になりました。台所のベタベタ油汚れなどに効果抜群。無香料。

453円〜600円(税込)

【量り売り】石けん百貨 セスキワイド ライムミントの香り画像

【量り売り】石けん百貨 セスキワイド ライムミントの香り別ウィンドウで開きます

セスキ炭酸ソーダの進化版。洗浄力をアップして使用量は半分に! さらに除菌効果の高いユーカリオイルと爽やかなライムミント香料も配合。掃除・洗濯・消臭スプレーにとワイドにお使い下さい。

162円〜4,590円(税込)

石けん百貨ブランド:洗濯と衣類ケア別ウィンドウで開きます

アルカリ洗濯別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動