1. 石鹸百科ホーム
  2. 石鹸生活の知識館
  3. 石鹸とは
  4. 気泡(バブル)と泡沫(フォーム)

気泡(バブル)と泡沫(フォーム)

日本語で「泡」と呼んでいるものには、実は2種類あります。「気泡」と「泡沫(ほうまつ)」です。

気泡は「液体によって気体が閉じ込められた状態」で、英語ではバブル(bubble)と呼びます。そしてその気泡が沢山集まった状態が泡沫。英語ではフォーム(foam)と表現されます。具体的には、シャボン玉はバブル、洗顔用に泡立てたクリーム状の泡はフォーム。コップに注いだビールからシュワシュワと湧き上がるのがバブル、それが集まってビール表面をおおう白い泡の層になったものがフォーム、ということです。

ところで洗濯機で石鹸をかき混ぜるとできる気泡は、なぜすぐ消えずに泡沫になるのでしょう。それは、石鹸の「界面活性作用」と洗濯機の「物理的な力」に理由があります。

石鹸水で泡沫が形成されるためには、以下の条件が必要です。

しゃぼん玉(バブル)と泡ボトルの石鹸(フォーム)

気泡ができるのに十分な量の石鹸が溶けている

ただの水をばしゃばしゃとかき混ぜても気泡はできますが、すぐに消えてしまいます。液体には表面張力というものがあり、その液体が一番安定した表面の状態を常に保とうとします。ふつうの水では、泡が立っている状態よりも、そうでない水面の方が安定した状態。だから、一瞬気泡ができても表面張力がそれを破って平らで安定した状態に戻るのです。

ところが、石鹸のような界面活性剤はその表面張力を弱める働きがあります。すると、水面に泡が立ってもそれを破って真っ平らな状態に戻ろうとする力が足りなくなる。その結果、できた気泡は安定し、それが沢山集まって泡沫ができるわけです。

ただし、これはその水の中に十分な量の石鹸が溶けているときの話。たとえば、50リットルの水に1グラムの粉石鹸をよく溶かしてかき混ぜても泡は立ちません。これは、水の量に対して石鹸が少なすぎるから。

このような場合、入れた石鹸は水中のミネラル分と反応して洗浄力のない金属石鹸となり、界面活性作用を失います。ですから当然、泡も立ちません。

気泡が発生できるだけの物理的な力が働いている

充分な量の石鹸が水によく溶けていても、そのまま静かに放置しているだけでは泡は立ちません。逆に、ただの水でも激しくかき回してやれば、一瞬ではありますが泡が立ちます。泡を作るためには石鹸水の中に空気を取り込む必要があり、そのためには水面を大きく動かす物理的な力も重要なのです。

十分な石鹸を使い、よく溶かし、力強くかき混ぜてやる。このことが安定した気泡と泡沫を作るポイントということです。

2009年11月改訂

石けん百貨取扱い商品

泡立てグッズ

熊野筆 洗顔ブラシ フラワー画像

熊野筆 洗顔ブラシ フラワー別ウィンドウで開きます

熊野化粧筆の職人が作るお花型の洗顔ブラシです。石鹸を泡立てたり、お顔のTゾーンを洗ったりするのにお使いください。立てておいても乾きやすいようにお花型をしています。

3,000円(税込)

パックスナチュロン  泡立てネット画像

パックスナチュロン 泡立てネット別ウィンドウで開きます

きめ細かな泡で優しく洗顔を。生分解性プラスチックで作られた泡立てネットです。

378円(税込)

Be*cloth せっけん泡立てネット 3枚セット画像

Be*cloth せっけん泡立てネット 3枚セット別ウィンドウで開きます

モコモコの泡をすばやく作れる石けん泡立てネットです。きめ細かな泡でやさしく洗顔ができます。片側が開いた簡易な平袋型で、中に石けんを入れられます。紐なし。3枚入り。

500円(税込)

グローバルビューティー 泡立てネット画像

グローバルビューティー 泡立てネット別ウィンドウで開きます

二層のきめ細かい編み目がモコモコとクリーム状の泡を作る、価格もお手頃な洗顔用泡立てネットです。吊るして保管できるリング付き。

108円(税込)

高橋化成 泡ポンプ画像

高橋化成 泡ポンプ別ウィンドウで開きます

泡で出るタイプのポンプ容器です。手洗い・洗顔・シャンプー・ボディソープ・食器洗いなどなど、色んな用途の液体石鹸にお使いください。無地の白。シンプルデザインです。

147円〜477円(税込)

地の塩社 泡ボトル画像

地の塩社 泡ボトル別ウィンドウで開きます

容量の目盛り無し、上部以外は白の無地のシンプルなデザイン。ワンプッシュでモコモコの泡が出てきます。

356円(税込)

ボディタオル・泡ネット別ウィンドウで開きます

詰め替え容器・石鹸入れ別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動